« 2013年9月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年10月

2013年10月 3日 (木)

前田智徳 引退セレモニー

今日は、今季限りで現役を引退する前田智徳選手の引退試合がマツダスタジアムで行われました。

8回2アウト、代打で登場し、現役最終打席を投ゴロで終えました。
9回は右翼の守備(マツダスタジアムでは初の守備)に就き、ファンたちも最後の勇姿を目に焼き付けました。

Maeda_2

来年も活躍する姿を見たかったし、最後に生の前田智徳を見れなかったのは残念でした。
広島に戻れなかったので、最後の勇姿はラジオでした...

山本浩二がいた全盛期が終わり、カープは長い間低迷していましたが、前田智徳がいたからカープファンを続けられた部分があります。

どんなに負けてても、前田智徳が事も無げにヒットを打ってくれると、相手に一矢報いたようで嬉しかった。

代打で出てくるだけで、相手に威圧感を与え、たとえ凡退しても、その存在感がファンを惹きつけました。

お疲れ様でした。
また別の機会でカープのユニフォーム姿がみたいです。

--------------------------------------------------------
≪前田智徳選手 引退挨拶≫

24年間、温かい声援をありがとうございました。
球団オーナーを始め、監督さん、スタッフ、裏方のみなさんに、励ましていただき、支えられながら、ここまで乗り切ってくることが出来ました。

この広島で、広島東洋カープで一途に野球ができたことを誇りに思っています。
そして、どんなときも支えてくれた両親と家族に本当にありがとうと言いたいです。

カープは16年ぶりにAクラスに入ることができました。
監督さんを始め、コーチ、裏方さんが力を合わせて、若い選手を、ベテランを指導してここまでこれたと思います。

自分がこの中にいないのは、さみしいですが、これを節目に強いカープとなって、未来のカープが明るくなることを祈って、今日をもって引退します。

高木監督、ドラゴンズの皆さん、今日はありがとうございました。
ドラゴンズの来季の巻き返しとチームのドラゴンズらしい野球を期待しています。

最後にもう1度、応援してくれたファンの皆さん、すべての方々に感謝しています。
長い間、本当にありがとうございました。


--------------------------------------------------------
決して飾らずストレートに思いを伝える真っ直ぐな人柄がよくわかる挨拶でした。
0e68e7ae_4    

カリスマ選手がいなくなってしまい、カープファンとしては「途方に暮れる」思いですが、これからのカープには、5割と2位がかかっていた大切な昨日の試合を落としてしまうような弱さを乗り越えて欲しいと思います。

そうしないとさらなる上はありません。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年2月 »