« 初詣 その3 | トップページ | 広島ソウルフード「お好み焼き」 »

2012年1月 8日 (日)

牡蠣のオイル漬け

いつもの地御前牡蠣をつかって、「牡蠣のオイル漬け」を作ってみました。

保存料などは一切使用しておらず、濃厚な牡蠣の味が楽しめます。

お酒のおつまみに最高です!

Dsc_67391

作り方は、

1.市販の牡蠣なら、塩水でサッと洗っておきます。

2.フライパンを熱して(炒め油は不要です)、水が出なくなるまでしばらく炒めます。(フライパンにくっつかないようにテフロン加工のフライパンがいいですね)

3.水分が充分に出たらオイスターソースを大さじ2入れて、さっと炒め、フタをして、しばらく蒸し焼きにします。弱火で焦げないように注意!

Dsc_67321

4.水分がなくなったら、焦げないうちにフタをあけて、火を止めて、しばらく冷まします。

5.保存用の容器に冷めた牡蠣とタネをとった唐辛子とローリエを入れます。

6.グレープシードオイルを牡蠣が浸るぐらいの量入れて、フタをして冷蔵庫に保存します。一晩漬け込んだら出来上がり、1ヶ月ぐらいは充分持ちます。

Dsc_67361

※残ったオイルはパスタやドレッシング、色々な料理にも使えて、一石二鳥!

牡蠣 500g
オイスターソース 大さじ2
グレープシードオイル 適量
唐辛子 1~2本
ローリエ(月桂樹の葉) 1枚

グレープシードオイルに漬けるとしつこくなく、サラッとした仕上がりになります。牡蠣の風味も損なわないので、グレープシードオイルをおすすめします。

Dsc_67371

広島ブログ


広島ブログに参加しています。

|

« 初詣 その3 | トップページ | 広島ソウルフード「お好み焼き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣 その3 | トップページ | 広島ソウルフード「お好み焼き」 »