« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

いよいよ開幕!

いよいよ2010年のプロ野球(セ・リーグ)が開幕します!

開幕戦(3/26)出場選手登録公示がありました。

われらのcarp広島東洋カープは

【投手】
14 篠田 純平
18 前田 健太
20 永川 勝浩
22 高橋 建 (復帰)
23 横山 竜士
39 梅津 智弘
46 大島 崇行
48 岸本 秀樹
70 M.シュルツ
91 ジオ・アルバラード (新入団)
【捕手】
31 石原 慶幸
40 倉 義和
【内野手】
2 東出 輝裕
4 小窪 哲也
5 栗原 健太
6 梵 英心
11 J.ヒューバー (新入団)
25 石井 琢朗
44 喜田 剛
45 松本 高明
66 木村 昇吾
【外野手】
1 前田 智徳
26 廣瀬 純
43 J.フィオレンティーノ (新入団)
49 天谷 宗一郎
51 末永 真史
55 嶋 重宣

以上27名です。

オープン戦、打撃の方では、12球団中、10位の打率2割4分3厘だったが、1試合平均得点はトップの4.7という効率の良さ。野村カープは小粒な攻撃陣が足を絡めて攻め立てる、新たな攻撃の形を見せた~また、オープン戦で4~6番は苦しんだ。主砲栗原は良かったり、悪かったりを繰り返した。5、6番が予想されるフィオ、ヒューバーは日本野球への対応に不安を残した。中軸が上向かなければ、試合の勝負どころを代打前田に託す場面は増えてくる。
実績のない選手が多く、好不調の波は大きくなるだろう。スタメンに守備力がある選手を並べるのも、打てない時に守りで活路を開くためだ。野村監督も「打線がつながらない試合はある。粘り強く、辛抱強く戦う」と覚悟する。オープン戦で見せた「攻撃の形」を最後まで信じ、チーム全体で貫くことができるか。野村采配(さいはい)の見せどころだ。

そして、投手の方では、今季の開幕ローテーションは「期待値先行」での船出となる~大野ヘッドコーチは「シーズンが始まったら、信じるしかない。臨機応変にやっていく」と開き直る。4枠は固まった。そのエース格には前田健が座る。勝負強さを持つ21歳は年々、力強さを増している。新外国人ジオ、4年目青木高もともにオープン戦で制球の良さを披露。地元開幕戦の先発が予想される斉藤は、昨季9勝の経験を生かしたい。
残り2枠に不安がある。篠田、小松はオープン戦でいずれも投球回を大幅に上回る安打を浴び、競争で勝ち取った開幕ローテではない。ともに伸びしろがある若手だけに、シーズンでの脱皮を待っている状況だ。先発に計算が立たない分、中継ぎにかかる比重は例年の比ではない。それを踏まえ、首脳陣は新たな「勝利の方程式」を模索する。勝ち試合の終盤に投入するセットアッパーを、先発が不調の場合は五回以前に、つぎ込むプランがある。大野コーチは「勝つ流れがある試合では、抑えの永川につなぐまでに4人を回す」と明言。横山、シュルツ、梅津、高橋の自慢のリリーフ陣をフル回転させ、シーズン序盤を乗り切る構えだ。
(中国新聞より抜粋しました)

Dsc_98431

やっぱり、今年もクリーンナップ(特に今年も外国人選手は???です)と先発ローテーションには不安がありますが、もうやるしかないですね!

不安も大きいですが、新生「野村カープ」がどんな戦いをしてくれるか楽しみです!

開幕3連戦は昨シーズン同一カード13連敗を喫したdragons「中日ドラゴンズ」ですが、開幕ダッシュで勝ち越して「マツダスタジアム」に帰ってきて欲しいですね。

広島ブログ


広島ブログに参加しています。
よかったらflairクリックお願いしま~す!

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

オープン戦10試合終了!

オープン戦も10試合が終わりました(1試合中止)。

2月26日(金) ○ softbank 6 - 1 carp

2月27日(土) ○ softbank 2 - 1 carp

3月02日(火) ● dragons 0 - 3 carp

3月04日(木) ○ carp 7 - 5 lions

3月06日(土) ○ carp 3 - 1 lotte

3月07日(日) ○ carp 9 - 8 lotte

3月09日(火) △ carp 0 - 0 giants △中止

3月10日(水) ○ eagles 5 - 4 carp

3月12日(金) ● tigers 1 - 7 carp

3月13日(土) ○ carp 9 - 5 softbank

3月14日(日) ● carp 6 - 7 softbank

結果は6勝4敗

ですが、まだ投手陣が本調子になっていないようです。

大竹選手がケガのため、開幕投手の筆頭にあげられているマエケンも失点が多く、中継ぎ陣もまだ不安が残ります。

開幕まであと10日...調子を上げてきて欲しいですね。

あと...うれしい話題としては、3月12日の阪神戦での前田智徳選手の2008年5月以来のホームランですね!

2010031200000038jijpspoview000_2 

ノムケン監督も「さすがですね。初対戦の投手を一発で仕留めるのは、技術の高さだと思う」と感嘆。一方、前田選手は「チャンスだったから最悪外野フライで最低限の仕事をしようと思っていた。初球から行くつもりでした」「僕の場合は立場上、頑張らないと1軍に残れない」と話したそうです。

やっぱり、チャンスに1発で決める勝負強さは健在!この人が打席に立つだけで相手に威圧感を与えます。

打つべき人が打つとゲームも締まります。

新体制になってのシーズン。

不安もありますが、期待も大きく膨らんできました!

広島ブログ

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »